FC2ブログ

Ryuta Iida

Ryuta Iida

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by

Ryuta Iida

Ryuta Iida

時間があるので、気になる人についてまとめていこうと思います。
今回、第1回

鈴木心
について


彼との出会いは、写真一坪展、今回から1_WALLっていう名前になったらしい。

その展示の写真グランプリになっていたのが心くんでした。

その頃、怖いモノ知らずで、いろんな人に声かけまくったり、いろいろな場所に顔だしたり、
東京が面白いって感じ始めたじきで、心の展示のしたにおいてあったメモ帳に書き込んだのがきっかけだった。

すぐレス来て、あうことになったんだけど、なかなか時間あわなくて1年過ぎて、
ようやく会うことになって作品をとってもらった。

それから、何かあるごとにいろいろお願いしたり、展示見に行ったり、来てもらったり、
タイいったいりと、ホントいろいろ。

結婚式も来てくれて、うれしかった。

作品は本当に好きな感じで、心の外に出てこない部分がいっぱいあって、
良いなって思います。心は昔の方が良い作品とってたっていってたけど、
最近また良くなった気がする。

展示前はあんまりだったけど、展示後は凄く良い気がします。

色も違うし、動きがあるし。揺らぎない感じ。心色でてる気する。

心は一つ年上なのに、8つくらい上な氣がしてます。
田中さんも実はそんな気がしてるんだけど。


自分のなかみを見透かされる感覚に陥る人で、会う度に
虚勢するんだけど、ほぐされる。
田中さんはその逆でそれがいいかんじ。(田中さんは第2回に書くきます。)

自分の意志とか、希望とか、三島由紀夫が「人は人の為にしかいきられない。自分のためになると急に飽きてしまう。」っていってるけど、2人はどうなんだろう。

今までの自分の作品は自分を他人に認めてもらう表示灯だった。
これからは人の為になる作品、いわゆる機能する作品を作りたい。
個の追求が、他の喜びにつながる。そんな心の写真みたな作品を作れたらって思います。

作品は生だ。

以下、真ん中が鈴木心君です。
3271069331_273d241080_o.jpg
スポンサーサイト
Posted by

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。