FC2ブログ

Ryuta Iida

Ryuta Iida

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by

Ryuta Iida

Ryuta Iida

誰もいない学校。

誰もいないという事が、
すごく重要。

音といえば、つけっぱなしのpcの音。


そんな中で、必死に制作をしていると
何か本当の自分に要約話しかけられているような気分になる。

何を考えているのか、
何が気になっているのか、
何に突き動かされているのか、

少しずつわかる。
それを必死で傍らの紙に写す。


心の声はすぐ消える。


本当の意思とか、希望とか、欲とか、
何が本当なのかわからないことがすごく多い。
それを書くことで整理する、
この時間はすごく大事だと思っている。

学校に通っていたときは、
こんなに落ち着くことが出来なかった。
いま立場を変え学校に来ていると、
それがすごく自然でいられる。

虚勢を張り、敵意をあらわに、
消して本心を明かさずまいと過ごしていたことに、
ウケる。
焦っていた、何かに圧迫されていた。
無理をしてたんだと。
気づく。

学校って本当に変な場所だけど、
面白いなぁと思う。

N大学のみなさん本当にありがとうございます。

スポンサーサイト
Posted by

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。