FC2ブログ

Ryuta Iida

Ryuta Iida

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by

Ryuta Iida

Ryuta Iida

人が一つの部屋多数いる状態。

そこでは人は、何かしらの壁またはもので
絶対領域(個人スペース)を作り出す。


それは、自分の時間を作り出すし、
    自分の精神領域を作り出す。

それは人が生きる基本的な
ものや、
ことを、
     するべくして作り出されるものだけれども。


この領域は、どんなことをしていても感じる。

道を通るときの自分に道幅。
仕事をするときの作業台。
デスクの大きさ。
一つの仕事を終えるための時間。

凄いいっぱいあるので、書ききれないし、うまく言葉で説明できないので。


とにかくそんな領域は、自分で感じなければそのまま世界に広がっていて、統治した者だけがその時間に感じるのものだけれども、

それを先に予測し、感じることを先読みすることができたら、
自分の進むベクトルを変えられるし、
ホンの少しの変化でとてもいい状態に変えられることができるのではないだろうか?


現実的な環境を変えるのではなくて、
自分の中を変える。


現状は変わらない。変えられるのは自分。

すげぇ、そんなの余裕ジャンね?!
そしたら、どこでもどの時間でも、生きられる。


そんな無期限性、無場所性って、
目に見えない、無機的媒体といっしょなんだ。

言葉がそう思えたとき。
全ての解釈を容易にさせてくれた。

言葉に立場も時間も場所もない。
言葉は領域。
意思をパッキングされた領域。


スポンサーサイト
Posted by

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。