FC2ブログ

Ryuta Iida

Ryuta Iida

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by

Ryuta Iida

Ryuta Iida

文字と文字の間には、何が広がっているだろうか?

文字が、声帯を抜け、
空気の振動から、
鼓膜をたたき出し、脳味噌で理解される。

そこには、確実に

空気3次元性をはらみ、
文字は形を失う。

電気信号のように、

010101010001110101
010001010100001010
101010100001010101
010001010011100110
110101010101000101


視覚に置き換えられた文字によっても
伝達をまとうが、

その伝達のベクトルには、
本当に伝えたかった、意思のベクトルは、
乗っかっているのだろうか?


見えない部分
見える部分、

わかっていること。
わかっていないこと。

そんな明確な状況を判然と理解し続けていくことは、
無意味なのかもしれない。
そこが面白さのポイントだと、気づいてしまったら、
もうそこに、追求の目を向けるしかない。

時間と、お金があれば、
現実に再現できる無数の夢が、
自己満足の産物のなるか、社会一般の人たちに
理解してもらえることになるか。

やはり成立をえるなら、後者の方向で。

自分には何ができるのか?
自分には何ができるのか?
自分には何ができるのか?
スポンサーサイト
Posted by

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。